--- BODYBUILDING.com(ボディビルディング・ドットコム)ショッピング&個人輸入、海外通販ガイド by USAPRICE.INFO ---

クレジットカードのセキュリティに関するFAQ

米国でのクレジットカード決済は、セキュリティ的に国内でのクレジットカード決済より劣る事があるのですか?

BODYBUILDING.com を日本から利用する場合、事実上クレジットカード以外の決済手段を持たない為、詳しく解説しております。又、事実は逆ですので、最初に結論を申し述べておきます。

BODYBUILDING.com の場合、お客様のクレジットカードは Chase Paymentech 社のクレジットカード・プロセッサーを経由して処理されますので、クレジット情報を誰にも知られる事なく買い物をする事ができます。クレジットカード情報はWEBサーバー上には保存されず、注文処理の後、システム上から永久に削除されます。したがいまして、国内で使用するよりも遥かに安全です。

国内のショップの場合は、楽天市場やクロネコ@ペイメントなどを使用しているショップなどを除いて番号がお店側に伝わってしまっております。来店処理の場合はカードリーダーに通す事ができますが、通常のオンライン処理の場合は、お客様の番号を元に与信や請求をお店自身で行います。したがいまして、番号がお店側に記録として残ってしまっているわけでして、セキュリティ的に問題があります。

SSL通信 (https://xxx.xxx) を利用しているオンラインショップなら100パーセント安全なのですか?

SSL通信というのは、インターネット上での盗聴や漏洩から情報を保護する為のものです。つまり、番号が外部に漏れないようにお店側にだけは伝わってしまっております。お店があからさまにその情報を悪用する事はないとしても、その情報が人手などを介して漏洩してしまうリスクは十分に考えられます。

クレジットカード支払より銀行振込の方が安全なのでしょうか?

銀行振込は先払いですが、クレジットカードは後払いのシステムですので、クレジットカードの方がより安心で有利な支払方法になります。例えば何らかの稀な要因によって、お店に問い合わせているにもかかわらず、いつまでたっても商品が到着しないケースを考えてみましょう。このような時、クレジットカードの場合はクレジットカード会社が、あなたに代わって返金交渉をしてくれます。しかしながら、銀行振込だとお店の主張 (発送済みですなど) が一方的に通ってしまい、いつまでたっても返金されない事態が生じる恐れがあります。

既に到着しているのに家族が受領した為、お客さんの方で到着していないと勘違いしていた場合など、お客さんの方にミスがある場合、又は配送途上での本当に稀な紛失や盗難など、お店の方に過失がない場合は、クレジットカードを利用したからといって必ずしも返金されるわけではありませんが、支払の拒否を申し出る事ができるという点で、銀行振込よりは遥かに有利で安心な決済方法になります。

page top