--- BODYBUILDING.com(ボディビルディング・ドットコム)ショッピング&個人輸入、海外通販ガイド by USAPRICE.INFO ---

為替レートを全く意識したことがなかったお客様へ!

円高ドル安の今、USAから直接購入するとお得な理由。

1985 - 2009年 6月までのドル円チャート

USD/JPY の 25年間チャート(1985 - 2009年6月)

上記のチャートは横軸に年月、縦軸には 1ドルのUSドル表示の商品を購入するのにいくらの日本円が必要かを示しています。1980年代には 250円必要でしたが、2009年6月現在 97円で購入することができます。グラフを見ていただければわかりますように、1995年の超円高 ($1 = 80円) を除けば変動レートになって以来、至上最高値の位置(上記グラフは下へ行く程、円の価値が高い、つまり円高の表示です)へ突入して来ていることががわかります。つまり、最安値圏でUSAの商品を購入していることになります。

今後さらに円高 ⇒ 次回はさらに安く購入できます。
今後円安になる ⇒ 円高である今の時期に安く購入して正解です。

○ 為替レートを意識しないで済む日本円固定表示のお店の方がお得ですか?
商品代に為替変動リスク分も含めてある場合、ある程度の期間は固定表示が可能です。実際には大幅な円高になれば、実レートに数ヶ月遅れて値下げが行われ、円安になる場合は早い時期に値上げが行われるのが通例です。実際の市場レートでUSAより直接購入するのがベストです。

○ 当サイトのように、為替変動リスクを自分で取るメリットが理解できた方へ!
ここまで理解できた方は、次にドルコスト平均法について各自で勉強して下さい。為替で利益をあげる事はプロのディーラーでも時には判断を誤る事がありますが、為替リスクを簡単に軽減する方法としてドルコスト平均法というものがあります。これはレートに関係なく同じコストで定期的に海外より商品を購入する方法です。

○ 結論・・・定期的に当サイトより市場レートを通じてUSAより直接購入している場合は、常にドルコスト平均法を実践している事になりますので、ベストな方法で為替リスクを回避している事になります。

○ ちなみに Webmaster も、この為替レートをあまり意識していません。あたりまえの話かもしれませんが、さらに円高になる事を期待して買い控えていると、突然、逆方向(円安方向)へ動き出す事があるからです。購入時にたまたま円高である場合は、今日はラッキー! 位に考えた方がいいです。買いたい時がベストな購入時期になります。

現在の為替レートを確認する!

page top